HOME  ← クリックお願いします

   完全マスター 2級文法問題   名前               

 

 55. 〜げ

 意味:  〜そう ( 見て、その人の気持ちが感じられる様子 )

 接続: (イ形−)(ナ形−) + げ

  ( 注2  : げ がつくと イ形容詞 も ナ形容詞 になる。     )

  ( 注3 : 心情を量る形容詞につく。他人の心情をはかる時に使う。   )

例文    嶌Gの正月は一人ぼっちだ。」と彼は寂しにつぶやいた。

   ◆ 〇匕い楼イな目をして、私を見つめていた。

              老人は何か言いたに近づいて来た。

              彼は得意な顔で、みんなに満点のテストを見せた。

練習 

1. 先生はをひいて、授業中(     苦しげに     )授業をしていた。

2. A:チンさんは、たくさんの友達と(  楽しげ   )な顔で話していますね。

B:でも、ハンさんは一人で(  寂しげ  )ですよ。誘ってあげましょうか。

3. A:ねえ、あの人見て。なんか(   あやしげ   )じゃない。     

B:本当だ。夜なのにサングラスをかけてマスクをしてを深くかぶってる。

4. A:田中さんが(  寂しげな   )顔で座ってたけど、どうしたんでしょうか。

B:恋人にふられたそうですよ。

5. 王さんはみんなの前で先生にほめられて(  得意げ、満足げ    )だった。

6. 留学試験の結果を見た王さんは(              )に笑った。 

 

56. 〜かけだ / 〜かけの

意味:  〜し始めて、まだ終わっていない途中の状態を表す。

   接続:  (動−ます) +  かけだ

(           )

例文

  ,海了纏はやりかけですから、そのままにしておいてください。

 ◆|録未あったので、食べかけのご飯をそのままにして、家から飛び出した。

 練習

1. 灰皿に(            )のたばこが置いてある。

 2. 彼女の部屋に(            )のセーターが置いてあった。

 3. その本はまだ(              )が、友達に貸してあげた。

 4. 食事を作ろうと思ったら、冷蔵庫の中には(        )の野菜しかなかった。

 5. 母に(          )の(         )を捨てられてしまった。

      〜かける

意味:  〜ようとする

  接続:  (動−ます) +  かける

例文

  〇笋六匐,虜◆∪遒任ぼれて死にかけたことがあります。

 ◆“狃は何か言いかけたが、すぐに下を向いてしまった。

 練習

1. 私は雑誌を(               )、そのまま寝てしまった。

 2. 先週買った果物を(           )、変な匂いがするのに気づいた。

 3. 風が強くて、ろうそくが(            )ている。

 

57. 〜きる

   接続:  (動−ます) +  きる

  意味:  動作を意志的に最後までやる

 (  意志動詞がくる  全体量が決まっていて、終わらせる事が重要な事に使う  )

例文   “狃はフルマラソンを走りきった

     ◆/瑤きれないほどたくさんの星が光っている。

練習

1. 山道を(             )ところに、山小屋があった。

 2. 長編の小説を一週間かけて(                   )

 3. そんなにたくさんの料理は(                     )

 

  意味: 完全にAという状態になる

 (  無意志動詞が来る 

例文   .好廛譟軸未蓮中のガスが抜けきってから、捨ててください。

     ◆。何佑領笋きった愛情は、もうもとには戻らないだろう。

練習

1. 毎日朝から晩まで休みなく働いて、(             )しまった。

 2. 彼は、財布と鍵が入ったかばんを落として、(         )そうです。

 3. 猛暑の中、何も飲まずに何キロも歩いて、私は喉が(          )いた。

 

inserted by FC2 system